借入件数が増えすぎて返済が出来なくなった時、どうしても返済が出来ないとなると最終的には法的整理が必要になってきます。つまり債務整理。最近よくテレビや雑誌などで見かける事の多くなったこれらの法的整理ですが、多くの場合慣れない法律手続きを弁護士や司法書士が代行して行ってくれるため大変ありがたいのですが、債務整理というのはそう簡単に手続きが進まない場合が多いようです。

と言うのもまず弁護士も司法書士もボランティアではありませんので、それなりに費用が発生します。その額も借入の額によりますが、少なくても数万円から高いものだと30万円程度。借金の整理をするのに費用がかかり、法的な整理がしたければその費用をねん出しなくてはならないのです。非常に矛盾しているように感じます。

また借入した借金の支払がどうしてもできなくなった場合に使う方法として自己破産がありますが、自己破産のポイントとして免責と呼ばれる裁判所の判断で、超法規的に借入金全額チャラにしなくてはなりませんが、この免責が裁判所の判断である以上、中には免責が下りない債務者もおり、こういった場合は引き続き返済をしていかなくてはなりません。

弁護士費用は掛かる、借入金の免責はおりないわで踏んだり蹴ったりとなる場合もあるのです。したがって債務整理という法的な借入金の整理方法は債務額や、借入に至った背景などもあるため、一概に申込をすれば全員が多重債務の苦しみから解放されるというほど甘いものではないのです。
引用先:専業主婦でも借りれるカードローン