「美的ヌーボプレミアム」の評判

高齢出産のリスク〜ダウン症〜

「高齢出産」の場合に、

 

「ダウン症を含めた先天性の生涯を持った子供が生まれやすい」

 

という話を耳にしたことがある人は多いと思います。

 

これは、高齢出産に分類されるカップルが
妊娠を躊躇してしまう大きな原因にもなっており
その原因・状況を、正しく理解することが必要です。

 

ダウン症は新生児に最も先天性の疾患

 

高齢出産において、最も懸念されるダウン症についての解説をしていきます。

 

ダウン症の原因

 

染色体の数が、通常よりも1本多くなることが原因の
遺伝子疾患であり、先天性の障害を持って生まれる
新生児に一番多い疾患です。

 

卵子と精子の製造過程
もしくは受精卵の成熟過程に問題があり
流産や死産になることも多くなっています。

 

ダウン症の症状

 

特徴的な顔つきを持ち、通常よりも体の成長が遅く
個人差はありますが、軽度の知的障害者と同じ水準の知能指数です。

 

また身体的には、その他の先天障害の症状が少しずつ出ることも多く
視力・聴力・心肺機能などにも疾患が見られることもあります。

 

将来的に、ホルモン異常や血液異常の疾患(白血病など)になりやすく
男性は基本的には生殖能力を持たず、女性は流産の確率が高く高確率で遺伝します。

 

妊娠時のダウン症の検査

 

妊娠15週目前後での検査によって、高確率で判明させることができますが
あらゆる側面から特別な検査であり、カップルからの検査の要求が無い限り実施されません。

 

諸外国ではこのような検査は標準的となっていますが
日本ではまだ理解されているとはいえず、否定的な意見も多いです。

 

世界的な統計では、検査を受けダウン症と判明した場合
90%以上のカップルが中絶を選択しています。

 

ダウン症の治療

 

「ダウン症自体」を治す根本的な治療法はありませんが
付随するその他の疾患に関しては、その他の患者と同じように治療されます。

 

生まれた後の方が長いという事実

 

ダウン症児は、1歳未満で亡くなるケースが多く
平均寿命も「50歳」と短くなっています。

 

根本的な治療法がなく
両親が一生連れ添い、世話をしなければいけないため
自分達が亡くなった後のことも考えなければなりません。

 

これは、避けては通れない現実です。

 

検査や中絶などの決断はまだまだ賛否両論あり
答えのない問題でもあるため、自分達も理解と知識が必要な問題でもあります。

page top