「美的ヌーボプレミアム」の評判

高齢出産のリスク〜知的障害〜

ここでは、ダウン症以外の「内面的な先天性の疾患」を解説します。

 

その程度によって障害(疾患)と呼ぶことが
適切なのかは意見が分かれますが、代表的な症状を紹介します。

 

幅広い症状の出方

 

いわゆる「知的障害」と呼ばれる、知能指数が低いまま成長し
それ以上の知能の成長が見込めない疾患を指すことが多いですが
その他にも症状によって様々な分類されます。

 

言語障害があっても、コミュニケーションが取れる場合や
正しい判断が分かる場合も多く
個人差があり本人にしか分からないこともあります。

 

また、将来的な健康のリスク(糖尿病や肥満等)が高いとされています。

 

発達障害

 

この発達障害に区分される、先天的な症状は多く
「学習障害」や「多動性障害(ADHD)」も含まれます。

 

特に、コミュニケーション能力にトラブルを抱え
「相手の気持ちが分からない」などの症状から
社会的なトラブルに発展するケースも多く見られます。

 

一見、通常の社会生活が遅れているように見えても
異常に暴力的であったり、合理的ではない行動をかたくなにとろうとしたりと
理解されていなければ人付き合いとが難しい場合も多いです。

 

また注意欠陥の症状から、事故等にあってしまう確率も高くなり
コミュニケーション能力以外の面でも注意が必要です。

 

自閉症

 

発達障害の1つに区分されることもあり、
ある程度成長してから判明することも多いです。

 

喋り始めるはずの頃に喋らない・喋ろうとせず
医師に相談してから判明するケースも目立ちます。

  • あいての目を見て話さない
  • 適当な反応とが全く違う反応をする
  • 共感が出来ない

 

感情的な部分での特徴も目立ちます。

 

言語の発達やコミュニケーションがうまく出来ないといった症状が主で
そのほかにもこだわりが非常に強く、同じ行動を何度も繰り返すなどの特徴も目立ちます。

 

先天性障害(疾患)の原因

 

ダウン症と同じく、遺伝子的な問題である場合と
着床してからや妊娠中の何らかの問題によって発生する場合があります。

 

そのため、妊娠時の十分な栄養の摂取や
規則正しい生活、体に悪い行動をとらない摂取しないなど
予防によっても結果が違ってきます。

 

出産数における確率で考えれば、基本的にはどれも低いものです。

 

しかし、40歳で出産する場合
これらの障害が発生する確率は30歳での出産の10倍ほどに上がるため、
現実的には「なるべく早い」出産が推奨されることになります。

page top