「美的ヌーボプレミアム」の評判

高齢出産における流産と早産につながる要因

妊娠中に摂取すべき、母体のリスク
また、胎児の成長に関わるリスクは様々ありますが
その中でも、最も憂慮すべきことに「流産」と「早産」があります。

 

特に「高齢」であることによって、それらのリスクは高まりますが
不妊治療によって、妊娠した場合にも高まる要素でもあり
たとえ母体が「「健康」であっても、決して「大丈夫」とは言えない要素になります。

 

「流産」に関しては、妊娠前に(精子・卵子によって)
リスク要因が決定していることが多く
そのほとんどが、異常な遺伝子によって
受精卵となるために起きてしまうことが分かっています。

 

妊娠全体での流産の確率は、20%前後と言われ
5人に1人であり、意外と多いような気もすると思います。

 

流産の定義は「22週未満」となっているため
まだ妊娠を報告していない人や、膨らんできたお腹が目立たない人も多く
周囲の女性は「実は」ということも、珍しくありません。

 

気軽に言えることでもなく「意外と多い」ということも、知っておいて欲しい現実です。

 

全体としての、流産の確率は「20%前後」となっていますが
35歳以上で30%、40歳以上では35%以上とも言われており
高齢出産のリスクがはっきりと分かる例です。

 

流産の原因

 

多くの妊婦が、一番気を使っていることとは思いますが
この流産は防げる場合と、防げない場合があります。

 

流産の原因は、母体の健康問題にあると思われがちですが
実際には、どんなに注意して健康的な生活を送っていたとしても防げないものもあります。

 

受精卵の異常

 

もちろん、不規則な生活や飲酒・喫煙による
体への直接的なダメージによって流産が引き起こされる場合もありますが

 

流産をしてしまうことの
多くの原因は、受精卵の異常であると考えられています。

 

  • 受精の過程での異常
  • 受精後の細胞分裂過程での異常

 

そして、それ以前の精子・卵子の異常です。

 

卵の異常

 

胎児の元となる卵子と精子に問題があっては
健全な受精卵を作ることは不可能です。

 

欠陥のない染色体や元気な受精能力を
備えた卵子・精子を作ることがなによりも大切です。

 

妊娠22週以降の「安定期」に入るまでは
ホルモンバランスなども不安定なことに代わりがありませんが
「不安定な状態に耐えられる元気な卵」という条件も必要になります。

 

そして、安定期に入ってからこそ
安全な出産のために体調管理が大きな要因になってきます。

 

安定期こそ体調管理が大切

 

安定期に入ると、流産のリスクが大幅に減少します。

 

そして、ここからが自分の体調管理が果たす役目が大きくなってきます。

 

十月十日しっかりと育む

 

流産を乗り切った後のリスクとして

  • 死産(22週以降の死亡した状態での出産)
  • 早産(36週以内の出産)

 

以上の2つが挙げられます。

 

これらは、母体と胎児の両方を考えた対策によって避けることが可能です。

 

できるだけ、「健康に成長した」状態で生んであげるために
最大限の努力と対策をしていきましょう。

 

早産の原因

 

「早産」とは、安定期以降に「予定日」よりも前に胎児が出てこようとしてしまう状態です。

 

「予定日よりも前に」というのは、決して珍しいことではなく
「少し早い」程度であれば、それほど心配する要素はありません。

 

問題はあまりに早い早産であり、流産との境になる
「妊娠22週前後」では早すぎるため
そのほとんどが流産と同じく、残念な結果となってしまいます。

 

早産につながる症状には、様々なものがありますが
その中でも、最も多い症状に「切迫早産」というものがあります。

 

体が出産時に近づいてしまい、子宮口が開くため
「破水」を伴い、赤ちゃんが出てきてしまいそうになっている状態です。

 

切迫早産を招く要因

 

この切迫早産の要因と考えられているものに

  • 子宮の変形
  • 高血圧
  • 感染症

 

以上が挙げられます。

 

子宮の変形

 

子宮の形には、もともとわずかに個人差がありますが
妊娠後に胎児が成長するにつれて、徐々に骨盤が開き内臓がずれ始めます。

 

同時に、子宮に対する圧迫も増え始め
周辺の血管や神経が刺激を受けることによって
目には見えない、切迫早産の「きっかけ」が
出来てしまうことになります。

 

高血圧

 

早産は「高血圧」の傾向がある女性に多いと言われています。

 

しかし、そもそも妊娠することによって
血圧の上昇リスクは高まることになります。

 

上で挙げたように、胎児の成長につれて血管が圧迫されます。

 

それによって、自然と血圧は上昇することになり
同時に切迫早産のリスクも上昇していくことになります。

 

また、外部からの要因として
女性器からの、子宮への雑菌の進入によって
早産の危険性が増加してしまうこともあります。

 

その場合は「炎症」による「痛み」も感じるため
比較的早期の対処が出来ることも特徴的です。

 

乗り越えるしかない

 

切迫早産は7人に1人の割合で起こると言われており
決して珍しい現象ではありませんが
その分、乗り越えたカップル・赤ちゃんも多いということです。

 

切迫早産のように、進行性のものもあり
自分達で何とかするということは不可能です。

 

万が一不安を感じることがあれば、早急に適切な処置を始めることが重要になります。

page top