「美的ヌーボプレミアム」の評判

精子が少なくて元気がないことによるトラブル

精子の量や質は、妊娠する確率に大きく影響があります。

 

また、若い方が量・質共に多く・高くなるため
「男性側」の高齢妊娠はリスク要因にもなります。

  • 精子の数が少ないことや、運動能力が低いことが原因による不妊
  • 染色体ではなく、弱い精子による妊娠した際のリスク

 

精子の質によっては様々なリスクがあります。

 

量と質が悪化している精子

 

精子にまつわる、代表的な2大トラブルに関して解説していきます。

 

精子の量が少ない

 

男性の1度の射精による「量」に関して・・・

 

精液の量は、体格や睾丸の大きさにもよりますが
1度の射精で「2ml以上」が正常と言われています。

 

そして、精液1ml中に含まれる精子の量は
「5000万匹以上」が正常と言われています。

 

つまり、1度の射精で「1億匹」の精子が放出されることが「通常」と言えます。

 

特に2000万匹以下の場合は、妊娠が難しいと言われており
一度の射精による、その量と妊娠しやすさは比例します。

 

また、精液の量と精子の量は概ね比例します。

 

「精子減少症」という
後天的に精子の量が少なくなってしまう疾患もあります。

 

原因は高熱や薬の服用など、様々考えられますが
射精回数の減少も関わっていると言われており
2週間以上射精をしていない場合、運動量も落ちると言われています。

 

精子の運動率が低い

 

精子の運動率の検査は、採取した精液を
顕微鏡で観察することによって行われます。

 

妊娠可能な運動率(元気な精子の割合)が50%程度と言われており
運動率30%未満では妊娠は難しいとされています。

 

また、射精の頻度が運動率に与える影響もあり
10日以上射精をしていない場合は、精子の運動率が下がる傾向があります。

 

タイミング法を試している場合、これらを考慮することは
適切なタイミングを考慮するうえで重要な要素になってきます。

 

根本的な原因は不明

 

世界的に精液・精子の量が、減少傾向であることが報告されており
その原因としては、環境ホルモンなどの影響であると言われていますが
正確な原因は分かりません。

 

また、それに比例して運動率の低下も問題になっています。

 

上記の症状の原因は、日常的な生活習慣も大きく

  • 喫煙やアルコールの日常的な摂取
  • ストレス
  • 睡眠不足

 

主な原因として以上が挙げられますが
特殊な例としては

  • 長期間にわたる薬の服用
  • 高熱の経験

 

以上も原因となることがあるため
検査の時点での、自己申告が改善・克服のヒントになる可能性もあります。

 

また、加齢という避けがたい要因も大きな原因であり
やはり、女性側だだけでなく男性もしっかりと考慮する必要があります。

page top