「美的ヌーボプレミアム」の評判

妊活・妊娠中に特に注意したい「葉酸」の不足

妊娠中は、あらゆるリスクが母体・胎児に付きまとい
自分達で何とかできること、医療機関に頼るしかないケースがあり。

 

しかし、「できるだけ回避する」という意味では
日常生活の中で、できることをしっかりと実践していきましょう。

 

少しの注意や心がけによって
避けることができるリスク要因は沢山有ります。

 

妊娠中に必要なこととして、

  • 規則正しい生活習慣
  • 余計なストレスの無い生活

 

そして、心身の健康を保つために一番大切な

  • 適切で不足の無い栄養

 

以上が、妊娠中に自分達で
日常的に意識することができる、主な内容になります。

 

上記のような事柄はめずらしいことでもなく
しっかりと当たり前に、管理・実践する女性がほとんどだと思います。

 

特に、食事には注意を払っていいて
現代の日本では、栄養豊富な食事・献立を
摂取することはそう難しいことではなくなっています。

 

健康な肉体には「過不足のない必須栄養素」が一番大切な基本ですが
こと「妊娠・出産に時に必要な栄養素」に関して
過不足無く摂取出来ているのかというと、決してそうではない現実があります。

 

その中でも特に不足しているものに「葉酸」があります。

 

 

妊娠中に葉酸を摂取する意味

 

胎児にとって一番重要な「葉酸」の効果として
「脳幹」や「神経細胞」等といった
生物にとって、とても重要な組織の健全な形成です。

 

妊娠初期での「葉酸」の不足は胎児のダウン症・先天性障害の確率を高めます。

 

たとえ高齢出産ではないとしても、妊娠・出産をする時点で
先天性の障害に関するリスクは避けられません。

 

覚悟して向かえるべきことですが、できるだけけリスクを減らして回避したいものです。

 

そのリスクを防ぐために一番効果のある栄養素が>葉酸なのです。

 

妊娠の初期段階での葉酸の摂取は非常に重要です。

 

「妊娠初期」の段の葉酸の不足が
ダウン症や、先天性の障害を招くことは
はっきりと判明している事実であり
行政や医療機関も、葉酸の適切な摂取を推奨しています。

 

不妊治療(妊活)中にも葉酸は重要

 

また、葉酸は精子や卵子の健全な形成に関わるため
健全な受精卵を作るためにもなくてはならない栄養素です。

 

妊娠前(妊活中)〜妊娠中期の段階において
必ず不足することなく、摂取することをこころがけましょう。

page top