「美的ヌーボプレミアム」の評判

妊娠中の胎児のリスクを減らす

妊娠中にやってはいけない事柄としては
不妊治療・妊活中にやってはいけないことをベースに
更に禁止事項・注意事項が加わり、厳しくなります。

 

不妊治療中(妊活中)と最も違う部分は、もう一人の体ではないということです。

 

妊娠前は、自分の体に関してだけ意識していればよかったものが
「お腹の中にもう1人の命がある」という状況では、更に気遣う項目が増えることは当然のことです。

 

母体と赤ちゃんは一心同体

 

胎盤(へその緒)を通じて、母体と胎児はつながっており
ほとんど一心同体として考えることが大切です。

 

母体へのダメージは、そのまま胎児へのダメージとして伝わります。

 

妊娠前の注意事項に新たに加えるものとして

  • 摂取する食材・栄養素により気をつけること
  • 薬を服用する際に特に気をつけること

 

基本的には、以上の「体に入れるもの」に関してより注意が必要になります。

 

妊娠中の食材・栄養素

 

妊娠中の健康を維持するためには、バランスのいい食生活がベースになります。

 

その際、不足してはいけないものや
過剰に摂取してはいけない栄養素など
意識して体に入れていくことが大切になります。

 

特に意識して摂取するべき栄養素

 

妊娠中に摂取するべき栄養素としては、やはり葉酸です。

 

葉酸を含む食材
肉類(特レバー)・緑黄色野菜(特ほうれん草)
大豆類(特納豆)・海藻類(特わかめ)

 

特に妊娠初期の胎児の神経系の構築に欠かせない食材であり
何よりも「不足しない」ということが大切な食材ですが
食材から摂取することが非常に困難な栄養素でもあります。

 

というのも、全て食材から摂取しようとすると
食材自体を大量に摂取しなければならなくなります。

 

よって、食事から半分・サプリから半分という
摂取方法がおすすめです。

 

過剰摂取を避けたい栄養素

 

妊娠中に過剰に摂取してはいけない栄養素として
「ビタミンA」を挙げることができます。

 

不足することも、発育不足に陥る等の問題がありますが
過剰摂取することによって、「奇形」が起こるリスクが高まります。

 

ビタミンAは体に蓄積されていく栄養素のため
摂りすぎたかな、と思ったらしばらく控えましょう。

 

またその他にも、控えるべき食材として

  • ナマモノ(生魚・生肉)
  • チーズ類
  • 生卵(念のため)
  • 香辛料の強いカレー類

 

等が挙げられ、基本的には加熱したものを食し
また、特定のモノを過剰摂取することを避けましょう。

 

妊娠中の薬の服用は要注意

 

妊活中の「薬(処方箋)の服用も、避けるべきと書きましたが
妊娠中は、徹底して注意をしなければなりません。

 

市販約でも、必ず医師に相談してから摂取しましょう。

 

胎盤は悪い成分をブロックする働きがあるため
神経質になる必要はありませんが、一部の処方薬の成分等は
ダイレクトに伝わってしまうこともあるため、注意が必要です。

 

言うまでもなく、まずは健康第一で病気にならないことが大切です。

 

服装も意外と大切な要素

 

以上の飲食・服用とは別に
激しい運動や、危険を伴うハイヒールなどのファッションも
妊娠中は避けるべき項目になってきます。

 

また、過剰に体を締め付けるファッションも避け
血流などを妨げないようにしていきましょう。

 

妊娠6週間目くらいまでは、まだしっかり胎盤が作られておらず
母体からの赤ちゃんに対する影響が少ない状態ですが
妊娠10週目前後からは段々と母体の影響を受けやすくなります。

 

自分の体は赤ちゃんの体だと思いながら、しっかりケアしましょう。

page top