「美的ヌーボプレミアム」の評判

年をとてからもうひとり産みたい

いわゆる「二人目不妊」と呼ばれている
「続発性不妊」は、一般的な1人目の「不妊」と同じく
悩んでいるカップルも多く「当然のように」年齢層が高いことが特徴です。

 

高齢出産の定義は「35歳」となっていますが
これは「初産」の場合であり「2人目」「3人目」の場合
35歳以上であっても、正確には高齢出産とは言わないとされます。

 

しかしながら、若い時よりも・1人目よりも
リスクが上昇していることは間違いのないことであり
一般的な高齢妊娠・出産と同じ準備・改善策が必要になります。

 

「すぐにできる」という意識に注意が必要

 

「二人目不妊」ということは、一度は妊娠・出産の経験があります。

 

それだけに「産んだことがある」という経験から
「また産めるだろう」という油断をしてしまいがちであり
二人目不妊を招く大きな原因であることが多いです。

 

最初に・一度妊娠することが出来たからといって
2人目も同じように妊娠することが出来るとは限りません。

 

生殖細胞は確実に劣化している

 

「二人目不妊」の最も大きな原因として考えられることが、
「卵子」「精子」といった「生殖細胞」の劣化です。

 

2人目ということは「加齢」という要素が加わっていることは
確実なことであり1人目、2人目関わらず
生殖細胞の劣化は、最も大きな不妊要因になります。

 

全体的な肉体の劣化

 

もちろん、生殖細胞だけでなく

  • 年をとって食欲が出なくなってきた
  • 代謝が悪化している気がする

 

といった、様々な面で体が劣化しており
「子宮」はもちろん、最終的には生殖細胞の劣化に
つながることにもなり、改めて準備することが必要になります。

 

それでも準備していくしかない

 

現代の平均初産年齢は、「30歳」前後となっており
特に2人目を考えているカップルは、より年をとっているはずです。

 

「言われなくても焦っている」というカップルも多いと思います。

 

また、二人目不妊は「贅沢」だという意見を耳にして
余計に「自然妊娠」を希望するカップルも多いようです。

 

もちろん早く授かるにこしたことはありませんが
たとえ高齢であっても、焦らず・着実に準備していく必要があります。

 

1人目の時にはやらなかったことをやってみる

 

冒頭でも述べましたが「大丈夫だろう」という感覚が
最も注意が必要なものであり、1人目が「スムーズ」だった
経験があるカップルほど、その傾向が強く出てしまいます。

 

だからこそ、1人目の時にはしてこなかったケアをしていきましょう。

 

すでに実践している方も多いと思いますが

  • 徹底的に基礎体温を細かくつけてみる
  • 入浴剤を試してみる
  • サプリを試してみる
  • 「ヨガ」等を取り入れてみる

 

1人目の時はやらなかったからこそより効果が見込め、「確率」のアップにつながるはずです。

page top